2024.04.09

【ステンレス鍋完全ガイド】サイズ・素材の選び方、便利な使い方まで

【ステンレス鍋完全ガイド】サイズ・素材の選び方、便利な使い方まで

執筆者

万年キッチン編集部

「毎日のお料理を楽しく、喜びのあるものに。」をモットーに皆様の食卓を豊かにするキッチン用品やレシピのご紹介をいたします!

執筆者

万年キッチン編集部

「毎日のお料理を楽しく、喜びのあるものに。」をモットーに皆様の食卓を豊かにするキッチン用品やレシピのご紹介をいたします!

ステンレス鍋はその耐久性や美しさ、そして優れた調理性能で、多くのご家庭のキッチンに欠かせないアイテムです。しかし豊富な種類やブランドがある中で、自分のニーズに最適な鍋を見つけるのは意外と難しいもの。
この完全ガイドではステンレス鍋の選び方から日常のお手入れ方法、さらにはご家庭で簡単に試せるお料理メニューまで、あなたのキッチンライフをさらに充実させるための情報をご紹介します。このガイドを通じてお料理の楽しみを広げていただければと思います。

1.ステンレス鍋選びの基礎知識

Title

ステンレス製の鍋は、耐久性やお手入れの手軽さ、高い熱伝導性など優れた特徴を持っていることから、お料理初心者からプロまで幅広いシーンで使用されています。
このセクションでは最適な鍋を選ぶ際に考慮すべき素材の特性、サイズの選び方、そして形状とその用途について解説します。

 素材の特性とメリット

ステンレス鍋の大きな魅力はその素材にあります。


ステンレスは錆びにくく、耐久性に優れているため、長期間の使用に耐えることができます。他の素材に比べてカビが発生しづらく、また食材のにおいが付きにくいため衛生的であり、食品の安全性を保つ上で理想的な素材です。さらに熱を均一に伝える性質も持っているため、料理の加熱を効率的かつ均等に行うことができます。


これらの特性により、ステンレス鍋は日本を含む世界中のキッチンで愛用され続けています。

サイズ選びのポイント

日本のご家庭ではキッチンのスペースが限られていることが多いため、ステンレス鍋のサイズ選びは特に重要です。

家電との相性も考える必要があります。例えば普段IHクッキングヒーターを利用しているなら、IHでも使用できるかどうかを確認しなければなりません。またコンパクトなキッチンには小さめの鍋が適しており、その反対に広いキッチンスペースを持つご家庭では大きめの鍋を選ぶことで、一度に多くの食材を調理でき効率的な食事の準備が可能になります。

サイズを選ぶ際には、保管スペースの大きさや使用する家電との兼ね合いも考慮すると良いでしょう。

形状と用途別の使い分け

ステンレス鍋は形状によってその用途が異なります。

深型の鍋はスープやシチューなどの液体を多く含む料理に適しています。一方、浅型の鍋は食材との接触面が広いため熱が直接的に伝わりやすく、炒めものやソテーに最適です。また、片手鍋はソース作りやちょっとした料理に便利で、両手鍋は大量の食材を扱う際に適しています。

ステンレス鍋を選ぶ際には、これらの形状と用途を理解することで、より効率的に料理を楽しむことができます。

2.ステンレス鍋のお手入れ

Title

鍋を長く使い続けるためには適切なお手入れが欠かせません。ここでは日常のお手入れ方法から鍋を長持ちさせるためのコツ、さらには注意すべき点とその対策まで、ステンレス鍋のメンテナンスに関する重要な情報をご紹介します。 

日常のお手入れ方法

日常のお手入れは鍋の美しさと性能を長期間保持するために非常に重要です。使用後は中性洗剤と柔らかいスポンジを使って優しく洗い、水滴が残らないようによく乾かしましょう。ステンレス鍋は耐久性が高いですが、硬いブラシや研磨剤を使用すると表面に傷がつく可能性があるため、避けることが好ましいです。


また鍋をつけ置き洗いなど、長時間濡れた状態にしておくとサビや腐食の原因になることがあるので、使用後は早めに乾燥させることが大切です。

長持ちさせるコツ

ステンレス鍋を長持ちさせるためのコツは、適切な使用と保管にあります。強すぎる火力での使用は避け、特に空焚きは素材を損傷させる原因となるので、できるだけ中火以下で調理することを心がけましょう。


また鍋の変形を防ぐために、急激な温度変化は避けてください。例えば、熱い鍋を冷水に突然浸すと素材が収縮しやすくなります。使用後は鍋を完全に冷ましてから水で洗うことで、長期的な品質保持につながります。

 

大切にお手入れすれば、ステンレス鍋はキッチンでの頼れる友として、さまざまな美味しい料理を作るのに役立ってくれます。

注意すべき点と対策

ステンレス鍋を使用する際には、特に塩分濃度が高い食品を長時間放置しないよう注意が必要です。素材の腐食を招き、鍋の耐久性に影響を与える可能性があるからです。

 

調理後はできるだけ早く食材を取り出して中性洗剤で丁寧に洗い、しっかりと乾燥させることが重要です。また、酸性の食材や塩分が多い食品を扱った後は特に念入りに洗浄することで、鍋を長持ちさせることができます。

 

このような日常でのお手入れを心がけることで、長年にわたり鍋の性能を維持できます。

3.ステンレス鍋でできるおすすめ料理 

Title

優れた熱伝導性により、さまざまな料理に適しているステンレス鍋。ここでは、日々の食卓に加えたい簡単な料理から、特別な日に挑戦したいワンランク上の料理までを紹介します。

簡単でヘルシーな一品料理

ステンレス鍋は日々の食卓にヘルシーで美味しい一品料理を加えるのに最適な調理器具です。

 

例えば旬の野菜をたっぷり使った野菜スープは、栄養満点で体を温めてくれるだけでなく、準備も簡単です。ステンレス鍋の均等な熱伝導は、野菜の自然な甘みや旨味を引き出し、素材の味を存分に楽しむことができます。またキノコや豆腐を加えることで、より満足感のある一品に仕上げることも可能です。

 

忙しい日の夕食にも、栄養バランスを考えた健康的な料理を手軽に用意することができます。

ゲストを招いた日のメインディッシュ

ゲストを招いた際のメインディッシュを一層特別なものにすることもできます。

 

例えばじっくりと時間をかけて煮込むビーフシチューや様々な魚介を使ったブイヤベースなどは、ステンレス鍋で調理することで素材の味わいを最大限に引き出すことが可能です。ステンレス鍋は熱が均一に伝わるため、煮込み料理も一層美味しく仕上がります。

 

特別な日にはいつもより少し手間をかけて、記憶に残る美味しい料理を準備しましょう。

日々の食卓を変える意外な活用法

汎用性の高さから、日々の食卓に新鮮な変化をもたらす意外な活用も可能です。


フライパンのように使用して野菜や肉の炒め物、さらにはパンケーキやオムレツなど、様々な料理にチャレンジできます。またパスタやリゾットなどは一つの鍋で全ての調理を完了させることもできるため、調理後の片付けも簡単になります。

 

ステンレス鍋を使って料理のレパートリーを広げ、日々の食事をもっと楽しくしましょう。

ステンレス鍋の選び方  おすすめ商品7選

Title

ここまで適切なステンレス鍋を選ぶポイントを解説してきました。

この章では、様々なニーズに応えるおすすめの商品を7つ選び、それぞれの特徴を詳しく解説します。

Velona nuovo 片手鍋 18cm

¥16,500

数量

洗練されたデザインと機能性で、キッチンの作業を効率化してくれる一品です。

 

コンパクトながらも日常使いのための理想的な深さと幅を備えており、特にソース作りや温野菜などの調理に最適です。ハンドルのデザインが優れており、長時間の調理でも疲れにくい点が特徴です。

商品詳細を見る

Velona nuovo 両手鍋20cm

¥17,600

数量

この商品は日々の料理に役立つ多機能性を持ち合わせています。
特にパスタや煮物などの量が多めの料理に適しており、家族分の食事を一度に準備するのに便利です。


両サイドについたハンドルが安定した持ち運びをサポートし、熱くなりにくい素材を採用しているため、安全性も確保されています。

商品詳細を見る

Velona nuovo シチューパン 22cm

¥19,800

数量

深みと大きさを兼ね備えたシチューパンはシチューやカレーなどの煮込み料理に理想的です。底面が広く熱が均一に伝わるため、食材をじっくりと煮込むことができます。


また直径22cmのサイズは大人数の食事の準備にも適しており、ご家庭料理からパーティー料理まで幅広く活躍します。

商品詳細を見る

Velona nuovo 兼用鍋 22cm すのこ付き

¥22,000

数量

すのこ付きで蒸し料理から煮物まで幅広く対応する多機能鍋です。蒸し料理をする際にすのこが食材を直火から守ってくれるので、均一に熱を通すことができます。

 

22cmのサイズ感はご家庭での日常使いに最適で、さまざまな料理のニーズに応える一品です。

商品詳細を見る

Velona 調圧鍋